パオロ・クニル博士によるIntermodal Expressive Arts Therapy(統合的表現芸術療 法)の理論と実践 〜貴方も魂の吟遊詩人になれます!〜 2017年5月20日開催

  • 60代女性/臨床心理士・表現アートセラピスト

    私自身の変化というより、パオロの理論と実際的なセラピーの流れがわかりとてもよかったです。
    沙羅さんのとつとつとした語り口もとても味わい深く、ピュアな人柄が伝わってきてよかったです。

    個人セッションのポイントはアートセラピーの「アート」を第三者にして、
    あくまでもそれにまかせて、セラピストが子供心をもちながら感性の流れにそって対応するなら、
    自らクライアントに気づきがおとずれるのだと思いました。
    アートセラピーの本質的な何かに触れた気がしました。
    ありがとうございました。

  • Y・Hさん/40代女性/バイオリニスト

    「アートへの信頼」というものが、自分の中に足りない、もしくは、
    何か抵抗しているのかな?と思ったりしました。
    クライアント役としてパウロ式のセッションをセラピスト役の方から受けて、
    Cl(クライアント)としては楽しみ、発見し、満足しているのですが、
    Th側(セラピスト)に立つことに対して非常に恐れがあるようです。
    でも、わかりやすく、充実した講座でした。

  • 川崎由子さん/セラピスト

    アートの力を感じました。
    楽器が利用者さんの感情や衝動を動かすことを感じました。
    私も楽器買おうかなぁと思いました。

    沙羅さんの語り口調やセッションの導き方が無理なく導くかんじで、
    沙羅さんのデモセッションをもっと見てみたいと思いました。

    ありがとうございました。
    とてもよい学びになりました。

  • 60代女性/大学講師

    ありがとうございました。
    利用者の体験をさせて頂きまして、たくさんの気づきがございました。
    これからもご指導よろしくお願いします。

ACL(アーツ・コミュニケーション・ラボ)通信
メールマガジンご登録フォーム

毎月1回、当法人からの情報を発信しております。ぜひお読み下さい。

※必須お名前(ニックネームでも構いません)

※必須メールアドレス