声が自由になるヨガ・オブ・ボイス 神戸定例クラス「シートシラブルとマントラ 」

2019年2月7日声が自由になるヨガ・オブ・ボイス神戸定例クラス「音階の世界、サルガム」を開催いたしました。

 

音階の世界、サルガムインドの音階は「サルガム」と言います。初めてお聞きになる方もいらっしゃるかと。私たちが通常、音階というと「ド・ レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」ですが、

インドでは「サ・レ・ガ・マ・パ・ダ・ニ・サ」 と言います。

ドレミはイタリア語のイロハだそうです。ドレミの歌は本当は日本語だとハは〇〇のハ、ニは×××のニ

と歌わなくちゃなんですよね。

でも、曲名だと「イ短調」とか「へ長調」とかついていますね。

英語だと「C・D・E・F・G・A・B」こちらはギターなどのコードで馴染みがあるかもです。

何れにしても、音階名は順番につけられている記号のようなものですが、

インドのサレガマ(サルガム)はそうではありません。

音階の名称にも音の波動のパワーが働いているんです。

サルガムを使って歌っていくことで、いつもとはまた違う、音の世界の中に包まれていきます。

また、繰り返し聞いては歌うコール&レスポンスという方法で、聴く力も高まります。

ぜひ、ご体験ください。

サルガムを通して、ボーカル・メディテーションの世界を味わってみましょう。

 

詳細を見る

  • 唄っている途中で泣きたくなりました

    のどに負担をかけずに唄いたいと思い参加しました。
    ワークを体験して、
    40分もうたっていたとは、わからなかったです。
    唄っていたことの気持ち良さがありました。
    思っていることを唄えました。
    唄っている途中で泣きたくなりました。
    自然な唄声についてもっと詳しく知りたいです。

    50代 女性 公務員

  • 希望が見えてきました

    自分の話し方や声が嫌いで、
    いざ誰かに説明をしようとすると、息切れがしてちゃんと話せなくなるのでワークショップに参加してみようと思いました。
    ワークに参加して、とても面白く、楽しく、からだが楽になりました。
    やりかけていた、いろんな事に希望が見えてきました。
    ヨガ・オブ・ボイスのメソッドである、シードシラブルやインボケーション、
    メディテーションについてもっと詳しく知って体験してみたいと思います。

    H.Mさま 50代 女性

ACL(アーツ・コミュニケーション・ラボ)通信
メールマガジンご登録フォーム

毎月1回、当法人からの情報を発信しております。ぜひお読み下さい。

※必須お名前(ニックネームでも構いません)

※必須メールアドレス