事務局に寄せられたご質問を中野左知子さんにお答えいただきました。

1、ドラマセラピーは、テレビのドラマとかを見ながらセラピーをするのでしょうか?
いいえ。ドラマとは英語で演劇のことをいい、実際に演じることで、自分の幅を広げていきます。
でもそれは、即興で、それぞれが感じるまま、想像するままを表現していきます。
ですから、特にテレビドラマを見るということはありません。
2、 演技力がなくても大丈夫でしょうか?
もちろん、いわゆる演技力は必要ありませんし、演劇の経験なども必要ありません。
私たちは、常に何かしらの役割を持ち、常に演じている存在です。
誰でもできることをやっていきます。
3、人前で話すのがとても苦手なのですが、それを克服することはできますか?
ドラマセラピーは、人前で話すのが苦手な方にはとてもいい方法です。
最初は難しく感じるかもしれませんが、少しずつ慣れていきますし、
いきなり人前で演じることもありませんから、安心してご参加ください。
いつの間にかできるようになっていますよ。
4、以前、劇団に所属していたのですが、その時と同じように演じても大丈夫でしょうか?
演劇のトレーニングも、実は「演技をしない」ことを強調しますよね。
そんな感じで、自分の内から生まれでるものを表現していきます。
舞台で声を張って演じるのとは違い、ドラマセラピーはもっと日常に近い状態でワークをしますから、
そういう意味では、劇団の演技とは違うと感じられるかもしれません。
5、演技指導などされるのでしょうか?
特に指導などはしません。それぞれができる表現を大切にします。
6、声の出し方とか、指導されるのでしょうか?
演劇でやるような発声練習などはしません。
ワークをやっていると、楽しくなって自然に声がでてくるようになりますが、特に出せなくてもそれでも大丈夫です。
7、参加する前に、中野さんの本を読んでおいたほうがいいでしょうか?
ご参加にあたって、本を読んでいる必要はありませんが、読んでくださっている方が、より深い体験になると思います。
8、ドラマセラピーを続けて参加する事で、どんな事が得られますか?
ドラマセラピーは、一度体験したら終わりではなく、回を重ねるごとにドラマという媒体にも慣れて、ますます自分を見つめやすくなりますし、ご自身が挑戦してみたいことを探ることもできるようになります。
何が得られるのかは、個人個人によって違いますし、主観的なことなので私が「これが得られます」ということは言えませんが、自分を見つめるためのワークですからその時の自分に必要なことが起きるのだと思います。
ドラマセラピーは何度やっても新しい発見があると思いますから、ぜひいらしてくださいね。

中野左知子さんのドラマセラピーは、こちらの動画も合わせてご覧ください。

  • 「ドラマセラピーに挑戦!ドラマセラピーって何?」

  • 「ドラマセラピー5段階モデル」

  • 「運命の人はいくつになっても現れる 恋愛ドラマセラピーで
    35歳からの理想の結婚を手に入れる」 中野左知子 を動画で紹介!

ACL(アーツ・コミュニケーション・ラボ)通信
メールマガジンご登録フォーム

毎月1回、当法人からの情報を発信しております。ぜひお読み下さい。

※必須お名前(ニックネームでも構いません)

※必須メールアドレス