pic01

コラージュとは、イメージや文字などを、もとの文脈から切り離して組み合わせる手法で、
フランス語の「coller(糊で貼り付ける)」を語源としています。

好きな写真やイラストを、雑誌やパンフレットなどから切りぬいて貼付けるだけなので、
だれにでも取り組みやすく、絵を描いたり、
アート表現が苦手と感じていらっしゃる方でも気軽に、たのしく作れますし、
仕上がりも、面白みのある、あるいは美しいものが完成します。

毎回、講師から、さまざまな作り方の提案をいたしますので、
画用紙に切り抜きを貼るだけでなく、
包装紙、色紙、和紙、布など土台に、さまざま素材をお使いいただけるので、
平面作品から立体的な作品まで、バリエーションにとんだ表現が楽しめます。

このコラージュ、近年は心理療法の一つとしても取り入れられるようになり、
アート的な価値だけでなく、無意識の世界を垣間みたり、願望実現のツールとしても注目されています。

ご自身の作品について、グループの仲間や講師とともに話す事で、
意外な自分の気持ちに気づいたり、 日々、作品を眺めて、その世界を感じていく事で、
自分の望みに近づく事ができたりします。

メイキングコラージュ 参加者の感想はこちらからご覧いただけます。

概要

日時

毎月
第2土曜日または第3土曜日
第3金曜日
時間:10:30~12:00

定員

8名

参加費

1回  3,000円(税込金額:3,240円)
6回 15,000円 (税込金額:16,200円)

場所

スタジオMusehouse(一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ内)
兵庫県神戸市中央区花隈町3-36-1A

講師紹介

吉田 美樹

アーツ表現セラピスト/ヒューマンアカデミー認定パーソナルカラーアナリスト

会社員として働きながら、カラーコーディネートや色彩心理学、パーソナルカラーなどを学ぶ。
自分の学んだ”色彩”を活かした、”究極のセラピー”を求めて、アートセラピーに出会う。
アートセラピーを学び、人とのコミュニケーションが楽に、心も身体も健康になる。という事を実感する。

自らの体験から、「アートセラピーを使って、社会の役に立つことがしたい。」という思いが生まれ、高齢者を対象としたアートセラピーのボランティアグループを立ち上げ、5年間活動を続ける。

2010年より宿泊型ワークショップのアシスタントとしての経験を重ね、声や身体表現などを用いた、国内外のワークショップや講座にも多数参加する。
現在は、アーツ・セラピー・ネットワーク、Touch-artsプロジェクトのボランティアスタッフとして、アーツセラピーの普及活動にも力を注ぐ。
また、2015年よりアートセラピー入門・速習コース、アーツ表現セラピー基礎コース・応用コースの講座アシスタントとして活躍し、自宅(加古川市内)のアトリエや東播磨地域のイベントなどでも、子どもや大人を対象とした、気軽に楽しめるアート表現のワークショップを提供している。

お申し込み

*お申し込み後、一週間以内に所定の金額を下記までお振込をおねがいします。

【郵便振替】
口座番号:00900-8-151527

【ゆうちょ銀行】
店  名:〇九九 店(ゼロキュウキュウ店)
預金種目:当座
口座番号:0151527
アーツ・コミュニケーション・ラボ

*また、お申し込み後、こちらから受付のご連絡をさしあげますが、
3日以内にお返事が届かない場合は、メールが届いていない可能性がございますので、
お手数ですがその旨お知らせいただけますでしょうか。
特に携帯電話のアドレスは、迷惑メール対応がきびしく、届かない場合がよくあります。

ACL(アーツ・コミュニケーション・ラボ)通信
メールマガジンご登録フォーム

毎月1回、当法人からの情報を発信しております。ぜひお読み下さい。

※必須お名前(ニックネームでも構いません)

※必須メールアドレス